注意は(attention)は様々な認知機能の基盤とされています。(Parasuraman R:The Attentive Brain.A Bradford Book,The MIT press,Cambridge,3-16,2000)

<注意の定義>

  • 意識的、意図的にひとつの対象や、複雑な体験のひとつのコンポーネントに心的エネルギーを集中し、他の情動的ないし飛行的内容を排除すること(Campbell 1981)
  • 心的活動をひとつないしいくつかの対象に能動的に向けること、ないしは心的活動がひとつないしいくつかのにより受動的にひきつけられること(Peters 1984)
  • 必要な情報の選択と、正確で組織立った行為のプログラムの保証、およびその行為の経過に対して恒常的制御を維持することで、意識的活動の選択的性格を保証するもの(Luria 1973,1975)

高次脳機能の中でも「注意」は他の認知過程の根幹となり,その障害は多くの日常・社会生活を阻害しうるものとしています。(Sohlberg,MM,et al:Guilford Press,110-135,1989)

そのため脳損傷後や精神障害例における「注意の障害」は、多くの認知行動障害を引き起こすことになります。

注意の分類

注意は全般性注意(generalized attention)と方向性注意(directed attention)に分けられ、前者の障害が全般性注意障害で後者の障害は半側空間無視としています。(加藤元一郎:高次脳機能障害ハンドブック:21-45,医学書院,2006)

全般性注意では、「選択」「持続」「分配」「転換」の各要素に分けられています。(矢崎章,高次脳機能障害精神医学・心理学的対応ポケットマニュアル,医歯薬出版,2009)

持続性注意 持続して、あるいは繰り返して行われる活動の間、一定の反応行動を持続させる能力(最も低次で基本的な注意)
書類整理やタイプなどの事務作業を例にすると,注意集中を妨害するような要因がない静かな環境で一定時間集中して作業を継続する
選択制注意 複数の刺激に対して、反応の促進やテレビ,周囲の騒音,他人の会話などノイズが溢れる環境で,これらの妨害因子を無視して本来の作業のみに専念する
転換性注意  複数の情報処理を交代に行うことである。例えばワープロ作業中に電話がかかってきた場合,電話対応中はワープロ操作を中断し,電話を切った後にワープロ業務を再開する
分配性注意  ワープロ作業を中断せずに電話対応中も継続するように、2 つの作業を同時処理する。最も複雑な注意の機能といえる。

 

日常の風景から見た注意機能

3歳の子どもを連れて渋谷にショッピングに出かけて、買い物を終えて駅のコンコースを歩いていた時に、10年ぶりに学生時代の友人に出会いました。平日とはいえ夕方近くで人ごみで周囲は騒々しい状況です。

周囲の雑音に邪魔されることなく友人の話す声に注意を向ける(注意の選択)

友人との懐かしい会話に注意を向け続ける(注意の持続)

会話に夢中になっていると、3歳の子どもがぐずりだし、声をかけたりして落ち着かせる(注意の転換・配分)

電車の乗車時間が近づき、友人に断って時刻表を確認する(注意の制御)

注意障害

注意障害の臨床増は、「ものごとに集中できず他の人が気になってしまう、すぐに飽きてしまう」、「広い空間にいることが出来ず、落ち着きがなく、狭いところで物につかまる」、「何かやり始めると周りのことが目に入らない」、「細かいことには気づくくせに全体を見通せない」など、このような傾向は誰しもが程度の差はありますが持っている性格でもあります。

(廣實真弓:高次脳機能障害CD-ROMで情報提供,医歯薬出版,59-62,2011)より作成)

注意障害のアセスメント

注意障害のアセスメントには、「数唱(順唱: 1秒に1つの数字を提示し、復唱する)」、「文字末梢テスト: 数字を選択する検査、文字を選択する検査、数字と文字を選択する検査などがある」、「Trail Making Test(TMT) Part Aは数字を順番に線でつないでいく検査、Part Bは数字と仮名を交互に順番に線でつないでいく検査)」、「Paced Auditory Serial Addition Test(PASAT):対象は提示された数字の直前に言われた数を足し算し、その和を答えていく検査)」や検査バッテリーとして「標準注意検査法(CAT):7個の下位検査から構成されている)」などがあります。(廣實真弓,MB Med Reha,153:1-7,2013)

<標準注意検査法(CAT:Clinical Assessment for Attention)>

注意障害に関する標準化された検査法を作成することを目的として, 日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)が製作した検査バッテリーです。

 下位検査  内容
 Span
1)Digit Span(数唱)
2)Tapping Span(視覚性スパン)
 単純な注意の範囲や強度を検討するものであり,これは短期記憶(short term memory) の代表的検査でもある。この検査
は数唱と視覚性スパン(Milner 1971)から成る
Cancellation and Detection Test(抹消検出課題)
1)Visual Cancellation Task(視覚性抹消検査)
2)Auditory Detection Task(聴覚性検出課題).
 選択性注意の検査であり,この中のVisual Cancellation Task( 視覚性抹消課題)(Sohlberg ら1986)は,比較的単純な視覚性注意の選択性を図形,数字,仮名の3 つのモダリティで検査するものであり,Auditory Detection Task(聴覚性検出課題)は,聴覚性の選択性注意を検討する課題である(本田ら1983)
Symbol Digit Modalities Test(SDMT) KEYの通りに、図形に対応する数字を できるだけ早く正確に記入していく(90秒間) 分配性注意を反映する
Position Stroop Test(上中下検査)  注意の分配能力や変換能力,また注意の制御能力が大きく関与し,認知心理学的にはワーキングメモリの中枢実行系の機能が反映されると考えられる。
Paced Auditory Serial Addition Task(PASAT)  次々に読み上げられる60個の数字を即2個づつ加えて返答していく課題である。正当数/60を正常者の結果と比較して評価する、正常人せも難易度の高い検査とされている。
Memory UpdatingTest(記憶更新検査) 口頭で提示された数字列(3 ~ 10 桁)の末尾3 ないし4 桁の数字のみを復唱する
Continuos Performance Test(CPT) パソコンにCD プログラムをインストールして行うもので、持続性注意に関する能力が検討可能である。

 

<ウェクスラー記憶検査(WMS-R)>

ウエクスラー記憶尺度には記憶能力の指標に加えて,「注意/集中力」に関する下位検査も含まれており、大項目として「精神統制」・「数唱」・「視覚性記憶範囲」の3 つの検査を有するが,いずれの検査も難易度は低く,軽微な注意障害の検出には不向きとされています。

 下位検査  記憶指標 課題内容
情報と見当識  ー  本人の名前、日時、総理大臣、など
精神統制 注意・集中 20から1までの数字の逆唱など
図形の記憶 視覚性記憶 図形を短時間みた直後、多くの図形から選ぶ
論理的記憶Ⅰ 言語性記憶 150字ほどの物語を聞いた直後、内容の再生
視覚性対連合Ⅰ 視覚性記憶 6つの図形を色の対を示し、直後に図形を示して対の色を答える
言語性対連合Ⅰ 言語性記憶 8つの単語の対を聞いた後、単語の対を答える(三宅式)
視覚性再生Ⅰ 視覚性記憶 図形を見た後、その図形を描く
数唱 注意・集中 数字の順唱、逆唱
視覚性記憶範囲 注意・集中 四角を触り、同順序・逆順序のタッピング
論理的記憶Ⅱ 遅延再生 論理的記憶Ⅰの物語の内容を遅延再生
視覚性対連合Ⅱ 遅延再生  視覚性対連合Ⅰの図形と色の対を遅延再生
言語性対連合Ⅱ 遅延再生  言語性対連合Ⅰの単語の対を遅延再生
視覚性再生Ⅱ 遅延再生  視覚性再生Ⅰの図形を遅延際

 

<トレイルメイキングテスト(Trail Making Test:TMT)>

紙面に記載されたターゲットを順に一筆書きで線結びするもので、米国で開発された歴史のある検査で,日本の臨床現場で普及したのは比較的最近です。日本語版TMT─A(パートA)は1 ~ 25 の数字,TMT─B(パートB)では1 ~ 13 の数字と「あ」~「し」の平仮名を系列的に線で結ぶことを行います。成績に及ぼす年齢の影響を検討すると,いずれの検査も年齢群間で有意の差を認めたとの報告があります。(豊倉ら1996)

トレイルメイキングテスト

<抹消課題変法>

1枚の検査用紙に16行の36文字からなるアルファベットがランダムに配置してある。そのうち10文字が大文字で他が小文字で構成され時間はsingle spaceであるが4か所だけdouble spaceにしてある。

被験者は、テストAでは大文字、テストBは大文字とdouble space直後の文字、テストCではさらにdouble space直前の文字も消去する。測度・ご反応、および正反応の欠落数で評価する。

注意機能は遂行機能の下位項目として構成されているものがあります。
分割注意・複数課題の処理能力(かなひろいテスト、Trail Making Test)、思考セットの変換能力(Sroop Test)、等

詳しくは「認知機能と遂行機能」のページを参照ください。

また、これらの神経心理学的検査の詳しい内容は「神経心理学的検査」のページを参照ください。